会社設立サポートセンター神戸

神戸、大阪の会社設立なら起業支援・法人設立専門の行政書士稲葉事務所へお任せください!

合同会社

合同会社を株式会社へ

2017/11/23

ホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。

会社の設立費用や運営・維持費の面で株式会社より負担の少ない合同会社で会社を設立し、事業の展開に伴い、途中から株式会社へ組織変更することも可能となっております。

その場合、①組織変更計画の決定②債権者への公告③法務局への組織変更の登記申請
をする必要があり、手続きに必要な費用は以下の通りとなります。

【株式会社への変更費用】
・合同会社の解散登記 3万円
・官報掲載費用    3万円程度
・株式会社の設立登記 3万円
※最低額が3万円

 合計額 約9万円
 

合同会社で会社を設立した後に株式会社へ組織変更する場合にかかる合計費用は上記のとおり約9万円となっております。
最初から株式会社を設立した場合は約20万円が必要ですので、合同会社の設立登記費用6万円と株式会社への変更費用の約9万円を合わせると約15万となり、最初から株式会社を設立した場合との差額は5万円程度となります。

ただし、株式会社への組織変更を専門家に依頼すると数万円の手数料がかかりますので、最初から株式会社を設立した場合と費用は変わらないということもあります。

また、名刺・封筒・印鑑等を作り直すコストも含めれば、最初から株式会社を設立した方が安く済むこともあります。

出資を募って事業を拡大する場合や株式公開をする場合は組織変更する必要がありますが、設立時にどちらを選択するかは、事業計画と各法人の特徴を把握した上で決定する必要があります。

 

会社設立に関するご不明点・疑問点はお気軽にお問い合わせ下さい。

-合同会社