会社設立サポートセンター神戸

神戸、大阪の会社設立なら起業支援・法人設立専門の行政書士稲葉事務所へお任せください!

会社設立

会社の印鑑

2017/11/11

ホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。

会社設立の際は法人用の印鑑が必要となりますが、以下の三種類の印鑑を主に使用します。

【代表印】

会社設立時に必ず必要な印鑑です。
代表印は会社設立時に法務局で印影を登録し、変更登記時はその登録をした印鑑を使用して申請を行います。
この代表印は会社名で作成するのが一般的となっておりますが、個人の実印などを会社の代表として登録することもできます。
また、代表印は会社代表者名義で登録をする必要があり、一つの印鑑を二名の名義で登録することはできません。
代表取締役が二名いる場合は、それぞれ登録をするか、どちらか一名のみ登録することとなります。

【角印】

法的に必ずしも必要ではありませんが、領収書等への押印に使用する最も使用頻度の高いものです。

【銀行印】

銀行口座の開設や銀行取引に使用するものです。
代表印を使用することも可能ですが、代表印紛失のリスクが回避できますので、使い分ける方が一般的となっています。

 

その他にはゴム印もあった方が便利ですので、準備をしておいた方が良いかと思います。

会社の印鑑は会社の設立登記申請時に必要となりますので、それまでに準備をする必要があります。
とにかく安いもので良いという方から印影・素材まで細かくこだわりのある方まで様々となっていますが、長く使用するものですので耐久性がある素材で作成することをお勧め致します。

当センターでは、ご希望の方のみ、法人印の格安発注代行も承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

-会社設立